13/01/06 公開開始
13/01/07 "ハードウェア" に回路図を追加
15/11/08 "ソフトウェア" に複数デバイス接続時の操作を追加
16/08/21 Rev5仕様追記

絶縁USB-Serialキット

 デバイスとPC間のコミュニケーションに使うUSBシリアル変換基板です。
ターゲット回路とPCの間をグラウンドも含めて完全に分割しており、絶縁されています。
グラウンド電位の異なる環境で動くマイコンと通信する用途にも活用頂けます。

仕様

PCB Revision Rev.4 Rev.5(Latest)
動作電圧 2.7 - 5.5V 1.7 - 5.5V
USBコネクタ miniUSB-B microUSB-B
ボーレート 300 - 921.6kbps 300 - 921.6kbps
アイソレータ耐圧 2kV 3kV
回路図
外形図(2D) Image , DXF Image , DXF
外形図(3D) Image , STEP Image , STEP
Image

Store
SWITCH_SCIENCE

SWITCH_SCIENCE

  裏側(半田面)には部品を一切配置していないため、低背実装が可能です。

特長

1. 絶縁USBインタフェース
  PCからは、シリアルポートとして見え、一般的なターミナルソフトが使用可能です。
 PCと接続する際に心配される、負荷との絶縁が確保さ れております。GNDを含めて完全に分離されており、PCとの間はトランスによる電磁結合のみとなります。アイソレータの耐圧は2kVです。

  USB-Serialドライバはこちら。(VCP Driver Kit, Windows2000/XP/Server2003/Vista/7/8/8.1/10, OSX, Linux)


2. 電源まで分割
  本製品はPC側回路とMCU側回路が完全に分離しています。
 そのため、MCU側回路が電源OFFの状態でもシリアルポートとして認識できます。
ターゲットの電源OFF/ONの度にシリアルポートのClose/Openをする煩わしさがありません。

ソフトウェア

1. 複数の絶縁USBシリアルを1つのPCに接続する場合
  環境によって、2個目以降のデバイスが認識されない事があります。
 その場合は、以下のように絶縁USBシリアルのシリアルNoを変更してください。

 http://www.silabs.com/products/interface/Pages/CP2102EK.aspx
 上記アドレスより、CP210x Software (customization utilitiesが必要です)を入手します。

.

 上記画像のように、Serialの項目(デフォルトは0001です。)を異なる値に変更し、Program Device をクリックしてください。

ハードウェア

1. USBインタフェース
  当セットは、PCとの接続を前提としています。
 PCとの通信は、USBを経由して行います。
 インタフェースICは、CP2102です。

2. ロジックレベル シリアルインタフェース
  MCU側は、Vcc, GND, Tx, Rx の4本を接続します。
 Tx, Rxの電圧レベルは、Vccピンに与える電圧に依存します。





このページはcronos_svによって製作されたものであり、著作権は cronos_svに帰属します。
当該頒布品を使用した実験等の中で当該頒布品に起因する問題が発生した場合、開発元であるcronos_svは一切の責任を問われないものとします。
当該頒布品には発熱部があります。 発熱部に触れた際の火傷、発熱部を火元とする発火等が発生した場合、開発元であるcronos_svは一切の責任を問われないものとします。
当該頒布品は耐放射線設計を考慮されたものではありません。
当該頒布品、その出力データについては、必ず別の手段で正当性を担保してください。
なお、このページにおいて著作権などの問題がある場合はメールにてご連絡ください。対処します。