cronos雑記

割り込み処理

by on 5月.19, 2014, under PSoC

割り込み処理を書くのだ。
いつも前プロジェクトを使い回しているので
テンプレを作ってblogに残して置こうと思う。

☆下準備
System/Interrupt を回路図に置いて、OEという名前を付ける。

☆コード
CY_ISR(OE_isr) {
SD_Access_Write(SD_Access_Read()?(0):(1));
}

void main()
{
OE_Start();
OE_StartEx(OE_isr); // 出力許可SW押下検出

CyGlobalIntEnable; // Enable all interrupts by the processor.

for(;;) {}
}
//——————————————
おやくそく0
回路図上で、hogeで宣言した割り込み端子の
割り込みハンドラはhoge_isr。

おやくそく1
CY_ISR(hoge_isr); は、main()より前に置く。

おやくそく2
hoge_Start();と
hoge_StartEX(hoge_isr);の順番だいじ。


Leave a Reply

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!