cronos雑記

[ D級 ] 完成

by on 11月.20, 2008, under D級アンプ

PWM_16.jpg

 という訳で、完成しました。
結局、歪みの原因は、基準電源(2.5V)のバイパスに使ってた
チップセラミックコンデンサが割れて、バイパスされて無かった事でした。
入力段のバッファは、現在取り外してあります。
キャリアの漏れがある事は理解していますが、バッファを入れるかどうかは
しばらく聴いてみて決めようかなと。

 出力は、結局45W@8Ω位のようです。
ダミーロードが熱すぎて、測定は途中で断念。
でかいの手に入れないとな…。

 オフセット電圧は、0.8mV以下。最初ちょっとドリフトしますが
2mVは越えない模様。

今度の三土会合わせで、うまい事箱を作って発表出来ると良いなぁ。

 回路図は、当初想定から若干変更したのでこれから修正。
レポートも、今回はあまり書く事が無いけど書こう。

:

1 Comment for this entry

  • 蝦名

    入力側の漏れが問題になるのは、前に繋がるアンプの出力が汎用のOPアンプの場合ですね。D級アンプの周波数だと、不安定になって、音が変わってしまうものが多いと思います。
    市販のアンプでも、出力は5532とか4558などのものがあって、バンド幅が10MHz程度ですから、かなり苦しい負荷になりますね。

Leave a Reply

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!