[ PSoC5 ] ソフト書き。

さてさて、しばらく時間が開いちゃいましたが。
UART(と、その周辺)の前プロジェクトからの移植とか
ChaNさんのFatFSの移植なんぞをやってました。

とは言っても、FatFSの移植は一人の知識ではどうしようも無かったので
東大f-tecさんのblogからプロジェクトを頂いて、微修正で実装させて頂きました。
ありがとう、東大f-tecの人!

という事で、現状のソースをプロジェクトごと公開しときます。

UART I/F ~ ストリングバッファ+コマンドI/Fサンプル
上記 + fatfs(R0.08b) 上記 + fatfs(R0.09b)
共にPSoC Creator2.2で作成したものです。
MCUはCY8C5247LTI-089です。

最後に、上記サンプルを使ってテキストファイルを開いてみた時のお写真を。
PSoC5_fatfs

# 追記:130215
 書き込みが出来るようになったので、お写真を。
上に置いたプロジェクトファイルも差し替えました。
fatfs_fixed

2 comments on [ PSoC5 ] ソフト書き。

  1. fatfsを最新に置き換えたのと、ファイル数・容量等の積算にあった
    バグを修正した版を置きました。
    前バージョンは恥ずかしいから隠しました(笑

  2. I read a lot of interesting articles here. Probably you spend a lot of time writing, i
    know how to save you a lot of work, there is an online tool that
    creates high quality, google friendly articles in seconds, just search in google – laranitas free content source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です